■関連ビッド 

1Cオープンに対するレスポンス
 ハーディ教では1Cに対するレスポンスはウォルシュシステムを採用している。
従ってアップザラインレスポンスには適用できない。
 
1D  D4+、5+以上、オープン点ない場合はメジャー4枚否定。◆1◆2
1H  H4+、5+以上、オープン点ない場合はD5枚を否定せず。
1S  S4+、5+以上、オープン点ない場合はD5枚を否定せず。
1NT メジャー4枚否定のBH、7+〜10−。
2C  インバーティッドマイナーでC4枚保証の9+以上、メジャー4枚は否定。
2D  プリエンプティブ、D6+、2〜5−。
2H  プリエンプティブ、H6+、2〜5−。
2S  プリエンプティブ、S6+、2〜5−。
2NT メジャー4枚否定のBH、10+〜12−。◆4
3C  インバーティッドマイナーでプリエンプティブ、C5+、5+〜9−。◆3
3D  スプリンター、フルオープン点と5枚サポート。
3H  スプリンター、フルオープン点と5枚
3S  スプリンター、フルオープン点と5枚
3NT メジャー4枚否定のBH、12+〜15−。  

◆1 1Dの後のレスポンダーのメジャービッドはオープン点とメジャー4枚の他に
   Dは5枚を保証する。
◆2 1Dレスポンスでは3334の時のみ3枚Dが有り得る。
◆3 C5枚あってもプリエンプティブ効果が無い場合は3Cより1NTを選ぶこと。
   1C−3Cの後のオープナーは3NT又は5Cが見えなければパスする事。
◆4 通常は1Dや2Cビッドが出来るのでそちらを優先する