競合ビッド検討   ペナルティパスを除く実例集

1の台のオープンにジャンプしないオーバーコールが入った場合の競合ビッドを検討する。
1c-1d/1c-1h/1c-1s/1d-1h/1d-1s/1d-2c/1h-1s/1h-2c/1h-2d/1s-2c/1s-2d/1s-2hの5パターン

■システムOFFの原則
(1)ネガティブダブル--->アンビッドスーツ、特にメジャーを示す
(2)キュービッド--->オープニングスーツサポートのインビテーション以上
(3)オープニングスーツのレイズ--->2の台はミニマム、3の台はプリエンプティブ
(4)フリービッド--->2の台は10点5枚保障、3の台はGF
(5)1NT--->オーバーコールスーツにストッパーのあるミニマム
(6)2NT--->ジャンプしない2NTで点数範囲等未定
(7)どうしようもない弱いハンド--->パス
(8)オーバーコールスーツが長く落とせそうなハンド--->ペナルティパス
   --->ペナルティパスの考え方

■システムONの原則
(1)オーバーコールより上のビッドは全て、オーバーコールが無かった時と同じ意味
(2)キュービッド--->これもキュービッドではなく(1)に従う
(3)ネガティブダブル--->アンビッドスーツ、特にメジャーを示す
(4)どうしようもない弱いハンド--->パス
(5)オーバーコールスーツが長く落とせそうなハンド--->ペナルティパス
(6)これらのビッドができないハンド--->フォーシングパス
(7)レスポンダーのパスに対しては必ずリオープンダブルする。
(3)(4)(5)はOFFと同じ


 −−>システムON/OFFのパターン毎のビッドテーブル

以上